良書。

07 /27 2011
最近読み終わった本でとっても良かったのでお勧めです。

モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
(2006/01)
中野 雄

商品詳細を見る


モーツァルトについて、曲・時代背景・逸話など色々知っているとはいえ、あまりにも情報が多く、バラバラで繋がっていませんでした。
この本は、それらのことをモーツァルトの人生を軸に、歴史と事実とその時どのような曲が作曲されたか、そしてその当時の人はモーツァルトや彼の曲をどう捉えていたかを年齢ごとに順に書いていてくれています。
色々なことがすっきりと整理できる良書。

ついでに

モーツァルトの食卓 (朝日選書)モーツァルトの食卓 (朝日選書)
(2010/12/10)
関田淳子

商品詳細を見る


これは途中までしか読んでませんが、どれだけレオポルド・モーツァルトが節約家で過干渉な父親だったかがしのばれる本です。
でも、やはり根底には父親としての強い愛情が感じられたり。
色々な面で一人の大天才を知るにはどちらも良い本です。
スポンサーサイト

ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。