FC2ブログ

あじさいコンサート。

音楽
06 /27 2012
1_convert_20120627233745.jpg

終了しました~。
歌はいいですね。
プログラム最後の椰子の実がまだ頭で鳴ってます。
『椰子の実』は、愛知県にゆかりのある曲で、柳田國男が愛知県の伊良湖岬 (いらごみさき)に滞在した際の体験が元になっています。

柳田國男は、伊良湖岬の突端で1カ月滞在していた際、海岸に流れ着いた椰子の実を見つけ、親友だった島崎藤村にその様子を話し伝え、藤村はこの話にヒントを得て、椰子の実の漂泊の旅に自分が故郷を離れてさまよう憂いを重ね、歌曲『椰子の実』の詩を詠んだそうです。

「椰子の実」
島崎藤村 作詩  田中寅二 作曲
 
名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ
 
故郷(ふるさと)の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)
 
旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる
 
われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ
 
実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)
 
海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙
 
思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん

さて、敦子さんとは土曜日に大阪で再演です。
またすぐ会えると思うお別れは悲しくなくって良いですね。
スポンサーサイト

ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。