FC2ブログ

ウルフ=ディーター・シャーフ氏のレッスン聴講。

音楽
10 /08 2013
先週の土曜日、ベルリン放送交響楽団首席フルーティスト、ウルフ=ディーター・シャーフ氏がプライベートレッスンと公開レッスンをしに名古屋へ来てくれました。
「プライベートレッスンに1コマ空きがあるけど」という話を聞き、生徒に勧めてみたら「是非!」ということでレッスン付き添いを兼ねて聴講してきました。

シャーフさんの演奏はベルリン放送交響楽団のコンサートで何度も聴きましたが、暖かくてドイツらしい、それでいて柔軟な音楽を聴かせてくれる素晴らしいフルーティストです。
しかし、演奏者としてだけではなく、教育者としても素晴らしい先生です。
今回は「どのように教えるか」をたくさん勉強させていただきました。
生徒の問題に対してたくさんの引き出しの中から的確なメソードを与え、短い時間で劇的な変化をもたらすのは、
「これまで生徒の問題にどれだけの熱意で考え、教えてきたか」
の現れなんだろうなと思います。

通訳はベルリン留学時代の長い友人の佐々さん。
彼女がフルーティストでありながらすばらしい通訳をすることで、シャーフさんのレッスンが一番効果的に生徒に伝わるのだと思います。
彼女に久しぶりに会えて嬉しかったです。

それにしても、11時から夜の打ち上げまで参加し、久しぶりにドイツ語をたくさん話しました。
素晴らしいレッスンと久しぶりにドイツ語を聞けて話せて、刺激をたくさん受けることができた1日でした。
スポンサーサイト



ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。