12
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の愉しみ。

12月になり、2014年が終わろうとしています。
毎年の事ですが、過ぎ去った一年はあっという間に感じますし、まだ見ぬ来年はどうなるんだろう、と思います。
それでも、今年もたくさんの方々に支えられて、音楽を演奏できたことは本当にありがたいことでした。
先生、仲間、そして演奏を聴いてくださったお客様に感謝です。

このブログ2014年最後に、
「どうしてこんなにクラシック音楽が好きなのか」
を少しご紹介して締めくくろうかと思います。

フルートを始めてからもしばらくはクラシック音楽は特に好きではなかったのですが、
「こんなすごい音楽があったのか!」
と思った日から今まで、クラシック音楽に飽きたことがありません。
すごい演奏に出会った時、自然と笑みが起きたり、涙が出たり、言葉が出なかったり、誰かと感動を分かちあいたかったり、憧れたり、嫉妬したり、色々な感情を引き起こされて、揺り動かされ続けてきました。

これほど愉しいクラシック音楽なのですが、良く聞くのが
「クラシック音楽ってよくわからない」
という言葉。
ということで、苦手を克服してほしい、というわけではないのですが、
「こうやって聴いてるから面白いんだよ」
という事をお伝えして、少しでもへぇ~と思ってもらい、クラシック音楽への新しい視点での興味を持って頂けたら嬉しいなと思います。

さて、まずクラシック音楽って曲は作曲家が作ったものを演奏する、というのが基本です。
楽譜に書かれたことをできるだけ忠実に演奏することを求められています。
だから、技術が未熟な段階では「演奏できているか・できていないか」という上手・下手で聴き分けることができます。
では、そんなレベルを超えて、「上手な」演奏家たち、その人達は同じ楽譜を使った演奏でどう違うのか、が問題となります。
そこに限りない音楽の愉しみがあるのです。

それでは、ここが面白いよクラシック音楽、あくまでも個人の見解を演奏で聴き比べていただきましょう。
10月に宗次での演奏会で演奏した
ドビュッシー:小舟にて
は元々ピアノ連弾の曲で、美しいメロディーなので色々な楽器で演奏されます。
演奏する際は、やはり作曲家が最初に作曲した音楽の姿を知るために必ずオリジナルの演奏を(出来ればコンサートで聴くのが理想ですが)聴いてイメージをつかみます。
その時に聴き比べした3つの動画が本当に素晴らしく、そして面白いものでした。

まずはこちら。



ほぼ、皆さんが知っているメロディー、楽譜からイメージした通りの「小舟にて」の姿、美しい音楽です。
コンサートで聴けたら「あ~良い演奏だった!」って思える音楽です。

で、次に見たのがこちら。
マリア・マルタ・アルゲリッチの演奏。
アルゲリッチはアルゼンチンのピアニストで、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人です。
小舟にては56秒くらいから始まります。



どうですか?
先程の演奏と感じが違うというのがわかってもらえるでしょうか。
同じリズム、同じテンポ表示の楽譜なのに、音楽を媒介する演奏家が違うとこんなにも違いが生まれるのです。

そして、さっきので十分素晴らしくってこれ以上ってないでしょ、と思ってから見つけた演奏がこちら。
若手の最高峰ピアニスト、ラン・ランと、国際的なキャリアを誇るピアニストであるとともに、今や欧米の一流オーケストラを指揮する巨匠指揮者クリストフ・エッシェンバッハの演奏。
45秒くらいから始まります。



もうね、楽譜と言う制約の中にこんなに自由さがあるなんて、という演奏です。
指揮者は楽譜からこんなに多彩な音楽の可能性を引き出すことができるのか、という驚き、そして色々な音楽の仕掛けの素晴らしさに思わず笑顔になってしまいます。

お時間のある人は2曲目の聴き比べをどうぞ。
ドビュッシー:バレエ



アルゲリッチ(10分45秒くらいから)
ラン・ラン&エッシェンバッハ(5分5秒くらいから)

最高の音楽家は楽譜から生まれる音楽に、思った以上の音楽の可能性を示してくれます。
そういう演奏に出会うとワクワクして、大好きなクラシック音楽がもっと好きになり、愉しくてたまらなくなります。
古い音楽を何百年演奏していても尽きない面白さはこういったところにあるのではないかと思います。

最後に、今年もこのブログを訪れてくださった皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

プロフィール

ヘムヘム

Author:ヘムヘム
フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


ベルリンのタヒチ人

ティンパニで朝食を

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。