FC2ブログ

5月になりました。

未分類
05 /03 2018
3月のスプリングコンサートから慌ただしくしていたらいつの間にか5月になってしまいました。
新しい年度が始まる4月より、名古屋の栄にある「桐朋学園大学音楽学部附属 子供のための音楽教室」にて講師を始めることとなりました。

20180503004311475.jpg

小さな子供の時から本格的な音楽教育が仲間と共に受けられる環境はとても興味深いです。
4月より受け持ちの生徒さんは小さな女の子。
子供用のU字管フルートでもまだ持てるかわからないくらいの小さな体で憧れのフルートを頑張ってくれています。
5月からはまた新しい子も加わります。
「フルートをやってみたい」
という思いや願いを手伝っていけたらうれしいです。

さて、5月の終わりには名古屋ドイツ音楽研究会・第2回コンサートも開催されます。

n3.jpg

旗揚げ公演第1回目のコンサートでは盛況のうちにたくさんの激励や好評をいただくことができました。
”研究会”という名の通り、ドイツ音楽を深く理解し、また皆さんにその奥深さや素晴らしさをお伝えし続けることができるように第2回以降も会員全員で頑張っていけたらと思います。
私はシューマンの3つのロマンスより第1曲・第2曲を演奏いたします。
シューマンによるオリジナルのフルート曲がないため、シューマンを深く考えたり楽譜を研究してみたことがなかったのですが、昨年に続き今年もシューマンの楽譜を演奏すればするほどその素晴らしさと奥深さに驚いています。
シューマンとその妻クララ、そしてブラームス。
この3名の稀有な人生を知ると、この3人が生きた時代の音楽のみ、さまざまな楽器や歌で聴くことができるこのコンサートは実はとてもすごいことなんだと思います。
妻のクララを愛し、しかし次第に精神に異常をきたすシューマン、ピアニストとして夫と家族を支え続けるクララ。
そしてクララが亡くなるまで彼女に憧れ続けたブラームス。
3人はとても近く、そのため計り知れないほどの思いが交差したのだろうと思います。
今回演奏する3つのロマンスはシューマンが妻クララへのクリスマス・プレゼントとして作曲されたと言われている曲です。
とてもシンプルで美しい音楽の裏に、溢れるほどの愛情や愛ゆえの苦悩が隠された名曲です。
是非会場にてお聴き頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト

ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。