FC2ブログ

人間としての音楽家。

05 /06 2012
先日の音に関する話でモーツァルトの耳があった本の紹介をしておきます。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
(2007/11)
ジョン オシエー

商品詳細を見る

音楽とは直接関係がないと言えば、音楽史のように必読書ではないですが、病という生きている上でかなりの苦悩をどう受け止め、作曲・演奏していたのかを知ると、大作曲家の生身の人間の姿をよりリアルに感じることができます。

死が当たり前で会った時代、子供が生きて成長するだけでも大変だったので、病弱な作曲家も彼らが作品を残すほど長生きできた、という点ではものすごく運が良いと言えます。
モーツァルトも7人の兄弟でしたが、ヴォルフガングとナンネルの二人を除いてほとんど幼くして亡くなったそうです。

それにしても、大作曲家となると大都市へ住み、大都市になると人口が多く、衛生面が悪くなるので伝染病へのリスクが高くなる、というようなジレンマ。
とにかく音楽とは全く関係がないんですが、抗生物質が発明される以前と以後の違い、相当なものです。
沢山の大音楽家がさまざまな病気に悩むのですが、「水銀治療」という全くもって誤った治療がかなり行われていたことがわかり、パガニーニは水銀中毒であったのでは、とのことでした。
新生児(生後1ヵ月未満)や乳児(生後1年未満)の死亡率は、主要先進国の中でもっとも低い水準を保っている日本という国、色々な治療がある現代の医療は本当に恵まれているなぁと思えました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。