FC2ブログ

ザ・フルート

フルート
02 /18 2018
今月号のザ・フルートにて、尊敬するフルーティストである橋本岳人さんよりバトンを受けてエッセイを書かせていただきました。

IMG_0715.jpg
IMG_0719.jpg

内容はベルリンでの生活、そして恩師であるベルリン芸術大学フルート科教授のロスヴィタ・シュテーゲについてなどです。
楽器店等にありますので見かけたら是非お手に取ってみてください。

また、先日は3月22日のための合わせを行ってきました。
ソプラノの二宮さんとは初対面ですが、とってもすばらしい歌声と朗らかな性格で一日で大ファンになってしまうような方です。
ピアノの石山さんと3人での初めての合わせでしたが、一人でどんなに練習しても見えてこなかった音楽が、3人で音を出してみると「あぁ、そういうことだったんだ」とすんなり理解できるような感じでした。
春というと穏やかで暖かなイメージですが、今回の演奏会で取り上げる春は厳しい冬の寒さがほんの少し緩み、春の訪れの気配にかすかな希望を見出すような、少しまだ不安定な春の姿です。
音楽の和音のなかに、メロディーのなかに、作曲家が込めた春のイメージが日に日に具体的に感じられるような気がします。
ハープの高田さんも含め、本当に素晴らしい共演者に恵まれました。

20180322.jpg

とても久しぶりに。

未分類
01 /12 2018
皆さんこんにちは。
全く更新せずに1年以上経ってしまいました。
その間にもコンサートをしたり、教えている生徒たちがコンクール(2016年には2人が全国大会出場も!)や入試で頑張ってくれたり、発表会を行ったりとしておりましたが、ブログを書くことからずいぶん離れてしまっていました。
その間、このブログへ来てくださったり、その上心配までしてくださった方までいて、申し訳なかったです。
これからも頻繁に、とはいかないかもしれませんが、ぼちぼち更新していこうかと思うので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、更新するにあたり、第一弾として、ドイツ旅行日記です。
2017年の年末、6年ぶりのベルリンへ行ってきました。

deutsche7.jpg

恩師との再会に、懐かしい友人たちとの再会に、クリスマスマーケットに、素晴らしいコンサートに、美味しい食べ物たちに、素晴らしい景色に、本当にうれしくて心が癒されたれた旅となりました。

deutsche4.jpg
クリスマス飾りのお店の飾り

doiche1.jpg
プレッツェルとコーヒー

deutshe2.jpg
ベルリンフィル

deutsche6.jpg
とっても大きなピザとドイツビール

deutsche12.jpg
バッハが眠るライプツィヒ聖トーマス教会

deus.jpg
トーマス教会前のバッハ像

deutsche8.jpg
ライプツィヒのメンデルスゾーンハウス

deutsche10.jpg
ドレスデン

deutshe3.jpg
ベルリンの夕暮れ

政治やテロ、時間の流れによって変わったところもたくさんありましたが、変わらないもの、変わりようがないものがドイツにはたくさんありました。


そして、2018年3月22日(木曜日14時開演)に、岡崎市でリサイタルをさせていただくことになりました。
演奏するのが楽しみでしょうがないプログラムを、素晴らしい共演者たちとお届けします。

20180322.jpg

ベルリンで恩師に演奏曲目を伝えたら
「とっても良いプログラムね!近くだったら絶対聴きに行くのに!」
と言ってもらえた渾身のプログラムです。
どんな曲を演奏するかはまた今度お伝えします。
が!予定を確認し「もう聴きに行く!」と決心してくださった方はチケットをご用意させていただきますので是非ご連絡ください

hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください
またはこちらから

それでは、2018年もどうぞよろしくおねがいいたします。

de13.jpg
月と銅像

トリオ・ファンタジア浜松公演と揚輝荘。

未分類
06 /12 2016
image2_convert_20160612222842.jpg

5月29日、トリオ・ファンタジアの浜松公演が終了いたしました。
当日は満員のお客様。
浜松は國末くんの師匠である須川先生の出身地ということもあり、須川先生のご両親も聴きに来てくださいました。
須川先生による「アルルの女ハイライト」の初演を聴いた、というお客様もいらして驚きました。
とても暖かかい拍手に包まれて、演奏を終えることができました。
初めての皆さんに聴いていただくことが多かった東京・浜松公演は、自分の中の迷いに対して、また新しい視点を見つけることができたような気がします。
音を、音楽を届ける。
そんな原点のところの見直しができたような機会でした。

そして、一緒に演奏した國末くん、奥村さんの音楽はやはり素晴らしかった。
聴いてくださった皆さん、國末くん、奥村さん、本当にありがとうございました。

そして、次回公演は名古屋です!
先日は揚輝荘にて3人で練習をしてきました。

338A6067_convert_20160612230038.jpg

ここが当日の舞台。
小さくて可愛い舞台で歌う敦子さんを見ていると、古いブラウン管のテレビで行われている劇、またはおもちゃのお家でする「ごっこ遊び」を見ているような気分になります。
揚輝荘の特別な建築様式を感じていただきながら音楽を楽しんでもらう、という空間芸術を意識した公演になればと思っています。

いつものコンサートホールで行われる演奏会とはまた違い、音楽も空間も懐かしくて親しいようなものを詰め込んだ演奏会ですのでお時間があれば是非お越しください。
休憩時にはお茶とお菓子をお出しする予定です!

チケットのご予約は
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp * (_at_)を@に変換してください
までご連絡ください。

トリオ・ファンタジア東京公演。

音楽
05 /23 2016
5月14日、トリオ・ファンタジアの東京公演を行ってきました。
久しぶりの東京。
会場であるドルチェ楽器さんは、いたるところにチラシや雑誌でお見かけする管楽器奏者たちがレッスンなどで訪れていて、店内を歩いているだけで東京の物凄いパワーに圧倒されそうになりました。

20160516233146d9bs.jpg

それでも演奏会は暖かいお客さんばかりで、共演者2人の素晴らしい演奏と共にこのトリオの演奏をとても楽しかったと皆さんが言ってくださり嬉しかったです。
また、初めてお会いするお客さんがわざわざ終演後、「フルートの演奏会にも何度か行っているけれど、あなたの演奏は今まで聴いたのと何か違って好きだった」と言いに来てくださいました。
もっともっと上手になれたらいいのに、あの人みたいに演奏できたらいいのに…と思う事ばかりですが、自分の音楽を好きだ、と言ってくださる人に出会えることが出来て、言葉にならない感謝と共に、素直に「うれしいなぁ」と思えました。
いつものホームである愛知を離れ、東京で演奏する、という機会を頂けて本当に良かったです。

さて、次回は5月29日に浜松かじまちヤマハホールにて浜松公演を開催します。
残席わずかということなので、名古屋公演を聴き逃した方、是非お早めにご連絡ください。

2016529s.jpg

また、6月には名古屋の覚王山にある揚輝荘にて、演奏会を行います。

0626チラシ案2

揚輝荘は、松坂屋の初代社長である15代伊藤次郎左衛門祐民の別荘であった建物で、大正ロマンという言葉がぴったりの贅沢で特別な空間です。
大阪からメゾ・ソプラノの廣澤敦子さんをお迎えしてのコンサート。
私がたまたま揚輝荘を見学した日に地下にあるホールを見て、「ここで敦子さんの歌う蘇州夜曲が聴きたい」と思ったことがきっかけで開催することになりました。
シューベルトの魔王も歌ってくれます。
ピアノは歌曲伴奏のスペシャリスト、掛川遼平さんです。
ホールと音楽、どちらも堪能できる時空を超えたような演奏会。
休憩時にはお茶とお菓子をお出しする予定です!

チケットのご予約はどちらの公演共に
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp * (_at_)を@に変換してください
までご連絡ください。

トリオ・ファンタジア東京公演まであと少し。

未分類
05 /11 2016
先日、トリオ・ファンタジアの合わせをするために東京へ行って来ました。
練習場所は國末くんの教えている洗足学園音楽大学だったのですが、行ってみてびっくり。
入り口の門は超モダンな建造物。



レッスン室の中はとっても綺麗で普通のお部屋でした。



学生だった時、先生はとにかく偉大で雲の上の存在でした。
そんな存在に同級生がなっている、と思うと、とても誇らしい気持ちになりました。

名古屋公演では大好評だったトリオ・ファンタジアを東京、そして浜松でまた演奏させて頂きます。
フルート、サックスにピアノって合わせるとどんな音?って思う組み合わせですが、楽器の種類なんて飛び越えるくらいエキサイティングな三人の音楽を楽しんで頂けたらと思います。
チケットご予約は
hemmiayafl(at)gmail.com
までご連絡ください!

ヘムヘム

フルート吹いてます。
ピッコロも吹きます。

音楽や食のことなどつれづれと。

ホームページは
≫こちらからどうぞ。

★演奏依頼、レッスン(愛知県内)
申し込み、ご質問などは
hemmiayafl(_at_)yahoo.co.jp
* (_at_)を@に変換してください

または下記メールフォームへご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。